コールセンターでしか感じられない喜び

私は現在、WEBサイトの使用方法についての問い合わせ窓口でコールセンタースタッフとして働いています。コールセンターのスタッフはどの地域でも求人が常にある程で、求人数も多いものの、それほど離職率も高い業種です。それは「クレーム対応が嫌だ」、「電話対応が難しいから」という理由がほとんどだと思います。
確かにコールセンターでは毎日のようにクレームが発生します。自分やこちらの会社が悪い訳ではないのに、単に自分の思ったようにいかなかったからと意味の分からないクレームを言ってくるお客様も多いです。最初は私も嫌で仕方なかったのですが、クレームのお客様の言い分を聞き、その問題を解決できるような対策を提案すると納得してくれるお客様も多いことに気が付いたのです。その中で最もやりがいに感じたのが、他のスタッフが納得させられなかったお客様の対応をして、最後に「あなたから説明を受けれて良かった。次からもお願いしたいから名前を教えてほしい」と言っていただけたことです。自分の自信にもなりましたし、なんだか清々しい気持ちにもなれました。大学を卒業してからそのままぶらぶらして、26歳 フリーター 就職した初めての職場なので、こんなに素晴らしい仕事に出会えてよかったなと実感しました。そして、大変なことも多い仕事ですが、電話を通じて様々な方とお話しができるので人生経験にもなると思います。

友達が猫を飼い始めました

ずっと猫を飼うことを検討していた友達がいたのですが、ついに先日ペットショップで一目惚れしたスコティッシュフォールドの男の子をお迎えしたそうです。
明るい茶色の縞模様の毛並みと折れ耳が可愛らしい子猫です。
友達はその子と暮らせることが嬉しくてたまらないようで、猫に会いたい一心で残業を減らし、寄り道もせず早く帰る努力をするようになったのだとか。
「今日のにゃんこ」と称して毎日写メや動画を送ってくるのですが、一つ一つのしぐさが可愛くて夢中になっちゃう気持ちがよくわかります。
私も猫は好きなのですが、ペット禁止の賃貸に住んでおり飼うことができないためとてもうらやましいです。
友達の猫は甘えたがりな性格で、自分から膝に乗ってきたり、撫でて?とアピールしてくることも多いようなので、今度会わせてもらうのがすごく楽しみです。
ツンデレも猫らしくて魅力的ですが、かまってちゃんだなんて最高です。
私にも懐いてくれるといいなと思います。

後輩のあり得ない態度

可愛がってきた後輩が、どんどん嫌な子になっていっています。ひと回りも年齢が離れており、半分娘かのように可愛がっていました。

彼女が新入社員の頃から、身の回りのことは色々と教えてあげましたし、私がどんなに忙しくても、彼女の質問には手を止めて聞くようにしていました。

しかし、あまりにも仕事が忙しすぎるというのが理由で、辞めることになったのです。私も引き留めにかかりましたが、退職する気持ちは変わりませんでした。

更に、最終出勤日が決まってからは、もうそれに向けてラストスパートをかけているようでした。手伝いを求められても、もう誰に何を思われても良いというような態度で、本当に感じが悪いのです。

最後くらい、みんなで笑顔でお見送りをしたかったのに、すごく残念です。

東京スカイツリーを満喫

今日は旦那と小学生の娘2人でスカイツリーに行ってきました。すいているといいなと思っていましたが、土日や連休はやはり大混雑のようですね。我が家もチケットを買うために1時間ぐらい並びました。その後、エレベーターに乗り込むと疲れも吹っ飛び大興奮の子供たち。ついにスカイツリーの展望台に到着です!エレベーターのドアが開いて、娘たちは窓に向かって一目散!私と旦那も追いかけ、外を見ると・・・街も車も人もミニチュアのように小さく、別世界のようです。ミニチュア大好きの長女は目をキラキラと輝かせて笑顔がはじけています。連れてきて良かった!一通り東京の景色を堪能し、その後ソラマチでランチ、そしてお友達にお土産を買いました。ソラマチの中に、銭湯のようなボールプールがある室内遊園地があるのですが小学生の為、入れないようです。残念がっているので、「いいところがあるよ!」とすみだ水族館へ。子供たちも私も大満足。旦那は歩き疲れたようですが(笑)まだまだ見るところがたくさんありそうなので、また遊びに来たいと思います。

保険に助けられました

一昨年、生命保険会社で働いている母親が保険への加入を勧めてきました。しかし、今まで入院や病気をしたこともなかったことと、保険というものが良いのか悪いのかイマイチわからなかったので断っていたのですが母親がこのときはなぜかしつこく勧めてき私自身、結婚したこともあり何か病気したら主人にも金銭的負担がかかってしまうと思ったので母親が勧めてきた医療と年金が一緒になった保険に加入しました。はじめは掛け金が他の保険より高額でしたので不満でした。保険に加入した2か月後、仕事中に腹痛になり病院で診てもらうとすぐさま大きな病院へ行ってくれと言われすぐさま大きな病院へ行き検査をすると今すぐ手術すると医師に言われました。何と急性虫垂炎でしかもかなり危ない状況と言われビックリしたのと同時に手術と言うことは日帰りなわけないので入院費用や手術費用もういくらお金がかかるのかとても心配になるなか手術室へ向かいました。手術終了後、目を覚ましすぐ主人にお金どうしよう・・・と相談していました。この頃、結婚式をまだしていなかったのでその費用を貯めている最中でしたので生活を切り詰めていました。それなのに今回の入院は本当に痛手でショックたったのです。すると入院したと連絡だけ入れておいた母親から連絡がきて、なんと保険が下りるとのこと!私は保険加入の時、いやいや手続きしたので保険内容など流し読みしてしっかり読まずまさか加入したてで保険が下りるなど思ってもみなかったのです。保険が下りると聞いて安心。しかも入院費+手術費払ってもお釣りがくるぐらいでビックリしました。今まで保険なんて必要ないと思っていたのに今回のことで保険に凄く助けられ勧めてくれた母親に感謝しました。私が加入にした保険は年金も一体になっているので払えば国から支払われるであろう年金に加え保険会社からも月々年金が支払われるので今は将来のために貯金していると思っています。いままで病気に無縁だった方も私のように急に入院などすることになる可能性もありますのでまだ加入されていない方もお考えいただいてもいいかもしれません。保険も様々なプランなどありますし、相談窓口などもたくさんあるので一度どこかの保険ショップで相談して自分に合ったものを選べばいいと思います!私は保険に加入して良かったです。

スポーツシューズへのこだわりがすごい

スポーツシューズのこだわりって、その方のスポーツ歴が垣間見えて、結構楽しい話題なんですよね。私は学生時代にずっとバレーボールをしていたので、アシックスかミズノなんです。主人は野球一筋だったので、やはりミズノが好きだそうです。なんとなくアシックスに敵対心を抱いているような感じもあって、笑えます。うちの中学生の息子は、もうアディダスです。何のスポーツかなんとなくわかりますか?小学生のお姉ちゃんの方は、スポーツとは関係なく、ニューバランスのカラフルなものか、パステル系のもののどちらかだそうです。一番履き心地が良いらしいです。下の息子は、もう何でも良いそうです。でも小さい時からアシックスのすくすくを履いているのでアシックス系なのかな。それぞれ、言わないだけでこだわりを持っていたことが分かって、夕食の時にものすごい盛り上がりを見せました。みんなそれぞれのメーカーの営業さんか広報さんかという位、そのブランドの良さを力説していました。まぁ、私はシューズも良いんですけど、本音はパンプスを新調したいんですけどね。口をはさまないようにしていましたよ。

おしゃれオードブルと、ベーカリーの力を借りて、お気楽で楽しいおもてなし

明日のランチは、サンドイッチパーティの予定です。親戚が集まるので、メニューをどうしようか悩んでいたんですけど、妹から昨日の夜に電話があって、あまり頑張って作らないようにと、アドバイスを受けました。お姉ちゃんは張り切りすぎるから、疲れるでしょう、仕出しのオードブルで十分だよですって。確かに、準備で疲れてしまって、いざおもてなしするときにこっそり寝室のベッドで横になったりしてましたからね。今回は、妹のアイデアを取り入れて、オードブルを注文しちゃいました。揚げ物が多いのですが、子どもたちは却って喜ぶからそれでいいそうです。サンドイッチは、パンを何種類か用意して、具材を適当に自分ではさんでもらうようにします。パンも近くのベーカリーに電話して、切ってもらうところまでやってもらっちゃいます。私がするのは、卵を茹でてマヨであえておくこと、ジャムを各種もりつけること、レバーペーストとチーズを皿に盛ること、それだけです。デザートもフルーツ盛り合わせで頼んじゃいました。確かに、気が楽なんですよ!こっちの方が、明るくおもてなし出来そうで、明日がとても楽しみです。

ぬるナチュラリスト

何が何でも!自然素材!!というわけではないのですが、洗うものには石けんを使っています。
お風呂は自分で手作りした石けん。髪の毛は、もろもろの理由でシャンプーです。
洗濯も液体石けん。
食器洗いも石けん。
でも、お風呂とトイレなどはそれ用洗剤です。
重曹やクエン酸にもすごく興味があるのですが、なかなかそこまで行けないところが、「ぬるナチュラリスト」です。
料理も、うま味調味料は買っていないのですが、顆粒だしを使っているというぬるさ。
白砂糖の代わりに、はちみつ、オリゴ糖、三温糖やキビ砂糖を使っているけれど、塩は合成の食塩で、塩田製のものではありません。
でもまあ、自分や家族の体と心にやさしく、できるだけ自然に優しくを心がけています。
この間、古くなった天ぷら油で、台所用の石けんを作りました。
もう少ししたら解禁で、そうしたらさっそくお皿洗いに使ってみようと思います。
季節のせいもあって、洗い物をする私の手はカサカサしてきたけれど、こまめに手作りのクリームを塗りこんで、何とかしようと思っています。
がちがちまじめにナチュラル生活、ではないですが、こんなのもいいかなあ、なんて思っています。

スチームオーブン、すごい。

夫は手作りピザが好きです。
と言っても、生地はホームベーカリーで、私は量ったり延ばしたりするだけです。
まあ、ソースは手作りですが(えっへん)。
一回につき3枚ピザ生地ができるので、いつも生地だけ冷凍しています。
でも、それを焼くと、なんだか硬くてバリバリになっちゃうんですよね・・・。
作りたてのが一番だとわかっていますが、やっぱり残念です。
昨日も、冷凍しておいたピザを焼きました。
「なんだか、硬くて、切りにくいね」と夫。
「やっぱり冷凍したからねー」と私。
大食漢なので、もう一枚焼くことになりました。
で、ふと、「おや。そういえばうちのオーブンはスチームも使えた。あまり使ったことはないけど、やってみようかな?硬さが和らぐかもしれないし」と思いつきました。
水容器に水をセットして、スイッチオン、25分間待つのだぞ。(知ってる?)
焼きあがったら、一枚目とは明らかに違って、ピザの耳がふっくらしています。
作りたてには及びませんが、スチームでないものに比べたら、格段においしい。
おおー。1つ学んだわー。
あるものは使おう、と本当に思いました。